女性

名刺管理でビジネスも好調【比較してより良いシステムを導入】

展示会の強い味方

会社員

展示会の施工業者の重要性

以前は、定期的に開催される展示会に習慣やお付き合いとして参加出展するという傾向がありました。しかし、昨今の厳しい経済状況を受け、展示会を自社製品やサービスをアピールする絶好の場として利用する、という傾向が強まってきました。また、展示会を訪れる側にも、かつてのような物見遊山的な視点から貴重な情報収集の場としてとらえる風潮が強まっています。同時に、そのような場を具体的な形に作り上げる施工業者の位置づけが徐々に高まってきました。

単なる下請けからパートナーへ

以前のように、漫然と恒例のブースと出展内容を企画するたけでは十分とは言えなくなってきました。したがって、展示会に出展する側には、最大限の効果が得られる企画内容とブース作りが求められます。そのため、専門の施工業者の協力が不可欠になってきました。プロ集団である彼ら施工業者には、展示会の内容に基づいたプランニング能力のあるスタッフがいます。限られたスペースと時間を最大限効果的に利用するための多くのプランや引き出しを駆使することが今の施工業者には求められています。単なるブース作りの下請け企業から脱皮し、出展企業の立場に立った総合プロデュース企業に変化しつつあります。これからは、出展する側の企業と、それを具体的なツールで見せる仕事をする施工業者が一体となって仕事をする必要があります。つまり、施工業者をパートナーとして扱うことが重要なのです。